• miura-archi

北道路の土地の日当たり

みなさんは「北側道路の土地」と聞いて、日当たりについてどういう印象をお持ちですか?

太陽が見えないから日当たりが悪いのではないかって思っていませんか?

多くの方が日当たりについて良いイメージを持っていないと思いますが、答えはNOです。


日当たりは、決して直射日光のことだけを言うわけではありません。

北側は直射日光が当たらないだけで、むしろ一日中、いや一年中一定の明るさが確保出来るという利点があるのです。


絹織物工場や画家のアトリエなどは、微妙な色合いを確認する上で直射日光はむしろ良くないため、窓はすべて北側に設置されています。

住宅においてもトップライト(天窓)は直射日光を避けて北側に設けることが多いくらいです。

北側道路の土地では玄関や駐車スペースを同じ北側に設けるケースが多く、玄関ドア(特に木製ドア)や車の塗装も直射日光が当たらないので、色褪せや傷みに対しても適しています。




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

分譲地とは、比較的大きな土地を何区画かに分割をする、または新たに道路を造りその周りに分割して数多くの住宅地を形成する土地のことですが、このような土地にはメリットとデメリットがあります。 まずメリットとしては、きちんと測量が行なわれ、敷地境界も明確に決められているという点が挙げられます。 土地が販売される時点で敷地境界にコンクリートブロックやフェンスが設置されているケースがほとんどです。 さらに、新