​中庭のある平屋住宅 <夫婦のための終の棲家>

軒先の水平を強調した外観

軒先の水平を強調した外観

玄関ホールに続く中庭

玄関ホールに続く中庭

一体的な空間の玄関ホールと中庭

一体的な空間の玄関ホールと中庭

リビング・ダイニングから中庭を見る

リビング・ダイニングから中庭を見る

ダイニングキッチンと小上がりの和室

ダイニングキッチンと小上がりの和室

リビングから中庭を見る

リビングから中庭を見る

丸いガラスブロックの廊下の向こうは、プライベートスペース

丸いガラスブロックの廊下の向こうは、プライベートスペース

横長スリット窓が特徴的なLDK

横長スリット窓が特徴的なLDK

LDKと繋がる小上がりの和室

LDKと繋がる小上がりの和室

空を独り占め出来る中庭とシンボルツリーのヒメシャラ

空を独り占め出来る中庭とシンボルツリーのヒメシャラ

寝室から中庭を見る

寝室から中庭を見る

縁無し畳の寝室

縁無し畳の寝室

中庭の周りは回廊になっています

中庭の周りは回廊になっています

夕景の中庭

夕景の中庭

スリット窓が印象的な夜景の外観

スリット窓が印象的な夜景の外観

ライトアップされたヒメシャラの木

ライトアップされたヒメシャラの木

丸いガラスブロックは21世紀に合わせて21個配列

丸いガラスブロックは21世紀に合わせて21個配列

<中庭のある平屋住宅>
​​ ・所在地 /福島県いわき市
・主要用途/専用住宅
​・敷地面積/433.72㎡
・延床面積/132.37㎡
・主体構造/木造​
・規  模/地上1階
・設計期間/2000年5月~2001年2月
​・工事期間/2001年3月~2001年8月
​*福島県主催 第12回「ふくしま住宅コンクール」優秀賞
 

この住宅は、これから老後を迎えるご夫婦二人のための終の棲家です。


建築主からの要望としてはプライバシーと防犯を考慮した住まいでキッチン、ダイニング、リビングが一体的で広く感じられる空間にして独立されたご子息家族や来客が泊まれる和室とご近所の方など来客への対応ができるような場所が欲しいというようなことが挙げられました。


そこで十分な広さの敷地であるが、周りから取り込める借景もなく、隣地に駐車場があることから外部に対して閉じた表情をもつ一方、内部に対して中庭(コート)のあるオープンなスペースをもち、これからの老後を考慮して一つのフロアで生活が送れる平屋建てにしました。
象徴的な一本のヒメシャラの木を配した中庭(コート)が、この住宅の中心的空間であり採光のための空間でもあります。


平面的にはロの字型のプランになっています。中庭(コート)は周囲からの視線を気にすることなく安心して落ち着ける外部空間です。
プライバシーの守られた中庭に内部空間を開放し、周囲の乱雑な風景でなく自分達だけの風景と向き合うことができるため中庭から見る空は独り占めです。


ギャラリーを兼ねた玄関ホールは奥様の趣味であるパッチワークの作品を飾るスペースであると同時に中庭を眺めながらご近所の方などとお茶を楽しむサロンスペースでもあります。
床の白いタイルが玄関ギャラリーホールから中庭へ伸びているため空間に奥行きを感じることができます。


玄関ホールの正面に中庭を挟んで洗面脱衣室、便所、浴室といった水廻り設備あり、また中庭を介してパブリックスペースであるリビング、ダイニング、キッチンスペースとプライベートスペースであるご主人の書斎と寝室に分けました。

またバリアフリーを考慮して玄関ギャラリーホールを含め内部全体段差を無くしフラットな床面にしています。


ロの字型プランのため生活動線が中庭の周りに回廊のようになっていて行き止まりがないため、ご夫婦がお互いの存在を意識できるような空間構成になっています。
ご子息家族が来られた際には、お孫さんが室内をぐるぐる廻ったり中庭で遊び楽しんでいます。


ちなみに中庭に見える丸いガラスブロックは、この住宅が21世紀最初の年である2001年に完成したことから21個配列されています。

​Miura  Architect  Atelier

一級建築士事務所      三浦尚人建築設計工房

〒177-0041​ 東京都練馬区石神井町1-15-16-203

TEL/FAX  03-6326-2141

​URL  https://www.miura-archi.com

© 2016 三浦尚人建築設計工房