​住まいづくりコラム#18「最初の打合せで準備してほしいこと」

どういう住まいを希望されているのかを設計事務所に的確に伝えることは、なかなか難しいことだと思います。

それを言葉できちんと伝えられる方は、ほとんどいらっしゃいません。

それが普通です。

そこで、私の事務所では、「住まいづくりのカルテ」というオリジナル冊子を事前にお渡しして

書ける範囲で記入していただき、空欄の箇所については打ち合わせでこちらから質問させていただいています。

しかし、どういう住まいを望んでいるかをよりわかりやすく伝える方法として事前に準備していただきたいものは、画像や写真です。

自分たちの希望する住まいには、必ずこだわっている部分があるはずで、そういう方々は日頃住宅雑誌やネットで色々な情報(家の外観、内観、庭など)を収集されているケースが多いと思います。

したがって、私は建て主さまに記入していただく上記のオリジナル冊子をお渡しする際に、

「こういう家がいいなぁ」

と思う家の外観やリビング・ダイニング・キッチンなど、内部の写真が掲載されている部分の切り抜きやネットで見つけた気に入った部分の画像をダウンロード保存してプリントアウトしたものを一冊のファイルにまとめて、私どもへ提出して頂いてます。

この方法ですと、建て主さまが望んでいる住まいがどういうことなのか、より具体的にわかってきます。

また、どういう部分に住まいの重点を置いているのかがわかってきたりします。

これらの写真や画像を打ち合わせの時に一緒に見ながら記入して頂いた冊子と共に、私のほうからより詳しく聞きたいことを質問したりして住まいの構想を膨らましていくことが、有効だと考えます。

KIMG1849.JPG