​住まいづくりコラム#6「南道路の土地のプライバシー対策」

不動産のチラシ広告でよく見かける「日当たり抜群の南道路の土地」という宣伝文句。

 

確かに文字通り南側に道路があり、少なくとも道路幅(幅員)だけ隣家と離れているので、日当たりの良い家が建てられます。

 

しかし、南道路の家では、日当たりのことだけでなく同時にプライバシー対策も考慮しないといけません。

 

何故かというと、日当たりの良い内部空間にするには、日の光を取り込むための大きな開口部(窓)が欲しいところですが、道路に面する南側に大きな開口部を設けると道路から内部が覗かれてしまう恐れがあるからです。

 

住宅地を歩いている時によく見かける光景として、せっかく日当たりの良い南道路の土地に建っている家なのに、道路から家の様子が丸見えになることを気にして昼間にもかかわらず大きな窓にカーテンが閉め切っている場面があります。

 
日当たり良くするための大きな窓を設けたのに、光を遮るカーテンで一日中閉めてしまっては台無しです。

 

したがって、南道路の土地に建てる家では、プライバシー対策がたいへん重要になります。 

そのプライバシー対策には、大きく分けて二つ方法があります。

 

ひとつは、室内の様子が道路から見えないように、道路境界線上に植栽による垣根や目隠しフェンス、塀等を設置するといった外部廻り(外構)で行う方法です。 
ただし、これらは単体で考えるのではなく、家本体と調和の取れた統一したデザインにすることで違和感なく街並みにも溶け込みます。

 

もうひとつは、南側道路に面した大きな開口部の手前に目隠し用の格子(ルーバー)や壁で囲われた屋外テラス(ベランダ、バルコニー)を設けたり、開口部ガラスを透明ではなく擦りガラスにしたり、あえて道路側に大きな開口部を設けず縦長や横長の窓を道路側からの視線と高さをずらした位置に配置するなど家本体で行う方法です。

 

しかし、最も効果的なプライバシー対策は、上記の二つの方法を合わせて行うことです。

<南道路の土地の設計事例>

・狭小地に建つ木造三階建て住宅

K-house001.JPG

​Miura  Architect  Atelier

一級建築士事務所      三浦尚人建築設計工房

〒177-0041​ 東京都練馬区石神井町1-15-16-203

TEL/FAX  03-6326-2141

​URL  https://www.miura-archi.com

© 2016 三浦尚人建築設計工房