• miura-archi

住宅「Cube-77」外観

更新日:6月21日

先月竣工した住宅「Cube-77」。 今後、少しずつご紹介していきたいと思います。


住宅タイトルの「Cube-77」ですが、名称の理由をオープンハウスの時にも多くの方々から聞かれました。

もちろんCube(キューブ)は建物の形状のとおり、大小の立方体をずらして積み重ねたことから付けました。

一方、77は、建築基準法上の延床面積が偶然にも77.01㎡という同じ数字、しかもラッキー7が並んだことから付けました。


外壁材は、ガルバリウム鋼板をブラック色とガンメタリック色の二色を使い分けました。


敷地が東南角地なため、道路からの視線を考慮して東と南の外観(ファサード)と開口部を特にデザインしました。

ちなみに1枚目(南立面)のルーバー(アルミアングル材)奥はバルコニーになっています。


2枚目(東立面)は採光・通風とアクセントとして出窓を設けました。 また、1階、2階、ロフトと高さが階段状になっているのは、北側斜線制限(第一種高度)をかわすためでもあります。


#戸建て #木造 #新築 #木造住宅 #都市型住宅 #工事契約 #注文住宅 #設計事務所 #建築士事務所 #小住宅 #設計監理 #一戸建て #戸建て住宅 #三浦尚人建築設計工房 #練馬区 #ガルバリウム鋼板 #開口部 #ルーバー






閲覧数:11回0件のコメント