検索
  • miura-archi

古家のある候補地

土地探しから住まいづくりをはじめたお客様と土地探しのコンサルをしていただいている創造系不動産の担当者と一緒に、候補地に現在建っている古家の内部を見てきました。


こちらの土地は更地渡しのため解体費用はかかりませんが、解体される前に2階からの眺望や隣家の様子、採光と風通しの具合などを確認させていただく機会を設けていただきました。


更地になってしまうと、2階の位置から周囲の建物がどのように見えるのか、隣家の距離感など分からなくなってしまうので、更地渡しの場合でもこのように古家が建って残っている場合には必ず内部を見せていただくことで、より多くの情報を入手するようにしています。


このことが、後の設計で大いに役立つのです。


ちなみに、「古家付きの現況渡し」という場合には、古家の解体は土地を購入した側で行うため、解体費用が別途かかってしまいます。この点は十分ご注意を。





最新記事

すべて表示