​土地探しコラム#3「不動産仲介手数料」

土地を購入された方からよく聞かれる質問があります。それは、

「不動産の仲介手数料って3%プラス6万円ですよね?」「あのプラス6万円ってなんですか?」という質問です。やはり疑問に思っている人は多いようです。

不動産仲介手数料といえば当たり前のように「3%プラス6万円」ということは皆さんご存じのようなのですが、その理由は意外と複雑なのです。

正確には、別にきちんとした算出方法が宅建業法、正しくは宅地建物取引業法という法律に示してあり、

・200万円以下の部分は5%

・200万円を超え、400万円以下の部分は4%

・400万円を超える部分は3%

上記の金額を合計した金額が仲介手数料の上限となっています。

ここでポイントなのは、「上限」という言葉なのです。

したがって不動産仲介手数料は、本来これより安くても構わないということなのです。

とは言っても3%という上限より安いケースは皆無だと思います。

しかし、これでは分かりづらいので具体的に例を挙げますと、仮に2,000万円の土地の場合、上記の算定方法により

・「200万円以下の部分は5%」ということより

  200万円×0.05(5%)=10万円

・「200万円を超え、400万円以下の部分は4%」ということより

  200万円×0.04(4%)=8万円

・「400万円を超える部分は3%」

  1,600万円×0.03(3%)=48万円

となり、合計は10万円+8万円+48万円=66万円が仲介手数料となります。

一方、「3%プラス6万円」という算定に当てはめますと

2,000万円×0.03(3%)+6万円=66万円

と同じになります。

つまり、3%プラス6万円という表現はあくまでも簡便な計算方法に過ぎないということです。

すなわち高額な不動産であればあるほど、仲介手数料の額は高くなる仕組みになっているのです。

​Miura  Architect  Atelier

一級建築士事務所      三浦尚人建築設計工房

〒177-0041​ 東京都練馬区石神井町1-15-16-203

TEL/FAX  03-6326-2141

​URL  https://www.miura-archi.com

© 2016 三浦尚人建築設計工房